HOME
サイトマップ
アマ的手法
材料
工具
作品一覧
リンク
mini-Shop

 
ソリの物入れ
2004/10/15

構想

 1年前にクリスマスの際部屋の中に飾るトナカイの物入れを製作しましたが、その型紙を配布した
 ところ一人の方から、「トナカイだけではなくペアーとなるソリを来年作って頂けませんか?」
 とのお便りを頂きました。
 まだ10月ですから少々早いとは思いながらも、そのご要望にお答えしようとトナカイと対になるソ
 リを作ることにしました。 (トナカイの物入れの製作詳細は左の写真クリックでご覧になれます。)

 昨年作ったトナカイはパイン系の19mm厚の板で作りましたので、それと同等な物を使い仕上げも
 同じくエボニー色のウッドオイルを使い色調と質感をそろえることにします。


 絵心のない私が何らかの形を描くのは苦手ですが、何とかソリらしき形に見えそうな物をトナカイ
 の後ろに並ぶよう描いています。(左の図クリック)

 材料としては価格のこなれたSPF材を考えていますが、ソリのブレード部分は1枚板で作りとなる
 と、12cm幅となり1 x 6が必要になりしかも無駄が多いので、1 x 4を繋ぎ合わせることも含め
 て検討します。(物が物だけに繋ぎ合わせても強度が問題になることはありません。)



2004/10/22

製 作

 前回ご披露したイメージ図を元に材料とする1 x 4材に合わせて寸法を微調整
 し、最終設計しました。 全体の寸法図は左の図、その部材寸法図は右の図と
 なります。 また板取り図こちらです。
 板取りをご覧になってお判りのようにゆとりがありますから、節をうまく避けて切
 り出すことが可能だと思います。

 板取り図中、AE1 x 4材の幅(89mm)をそのまま使いますが、その他は縦引きで切断しなければなりません。 手引きに慣れていれば、横引きのノコギリでも切れますが、これらを電動ジグソーで切り出す方法を後で写真で紹介しています。 電動ジグソーで真っ直ぐ切るのは難しいですが、少し大きめに切ってカンナで削って所定の寸法に収める訳です。

またそれも面倒と言うことであれば、Cなどは10mm厚のこれらの寸法に近しい角材を別途購入して切断しても結構です。 私はどうしても1 x 4材1枚で作りかったため、少々細かな切断作業が入っています。  また各部の寸法も絶対にこの通りにしなければならないということもありません。 (それなりのフォルムが出ればよいでしょう。)

作業手順については以下の写真と補足説明をご覧ください。

使用するのは1 x 4材1本のみ。 私は2つ作る関係で2本購入しました。 このような長物を扱うときには工作台2つを長手方向に並べて作業すれば都合がよいです。

板取り図中但し書きの部分。 1 x 4 材を721mmに切断しこのように線引きしジグソーで線の上側を切ってゆけば、幅が大きめに切り出せます。 一番下がF、その上3本はカンナで表面を削ってCになります。 

その板を電動ジグソーCJ-250)で切断中。 変ったやり方ですがジグソーを右手でしっかり握り、ひねりにより直線を維持できるようコントロールしますが、前後には動かしません。 そして左手で板を矢印方向に押して切断します。 比較的直線性が良く切断可能です。

切断した棒の切断面をカンナで削り仕上げました。 左端はソリになり右3本は手すりになります。
カンナ掛けは面倒と言えば面倒ですが、細い棒で容易ですから格好のカンナ掛け練習になるでしょう。

ソリの部材Fは半分に切り、C6本は260mmで切り出しますが、余った部材からGを後ほど切り出します。

EFを木工ボンドで貼りあわせ。 ハタ金でしっかりと圧着しています。 3時間以上このまま寝かせます。

印刷した型紙。同じ物を2枚必要とします。 最終の型紙は少し修正があります。

型紙を切り抜きAに糊で貼り付けました。

こちらは接合されたEFに貼ったところです。

そして電動ジグソーCJ-250)で切り抜きました。
CJ-250付属の替刃は円切りがやりやすく、切断面も大変綺麗です。

カットした曲線部分の角を替刃式木工ヤスリM-20GPRL-330P)で成形しました。

ソリの後を斜めに切断します。

Dはカンナで角を丸く削り替刃式ヤスリで研磨をしておきます。 ここに見えるのが2次加工が終わった部材です。Gを除く。)

D3本をソリで挟んで木工ボンドで固定します。 36mmの隠し釘で密着度を上げていますが、ソリを平らなところにおいて捩じれが出ないようにします。

荷台の部分で前板/後板ABに木工ボンドで固定しますが、やはり36mm隠し釘で圧着保持します。

続けて手すりの棒C 6本を木工ボンドで固定しますが、ここだけはお化粧を兼ねてステンレス丸釘を使いました。 (アクセントのつもりです。)

ソリの上にG4個を手すりを切りだした余りから10mm幅に切断し、木工ボンドで貼り付けました。

そのGにボンドを塗って荷台をその上に載せて接着します。 その上に10kg位の重しを載せて密着度を上げます。

組立てが完了したソリ2台。 (トナカイが2頭いるためです。)

仕上げはトナカイと合わせるためオイルフィニッシュで、和信ウッドオイル(エボニー色)を使います。 また刷毛は工作用としては最高のヤギの毛で出来たラック刷毛を使いました。 何れもmini=shopで購入可能です。

 塗装後乾燥中。 塗装は刷毛塗り1回目終了後15分にもう一度塗り、更に15分後ぼろで余分な塗料を拭き取ります。
 メーカーの指定とはちょっと違いますが短時間で終わります。 (完全乾燥には12時間掛かる。)

 トナカイとのツーショット。 飾りつけは家内の出番ですが、これでクリスマスアイテムがまたひとつ増えました。
 尚トナカイの作り方詳細はこちらからご覧頂けます。



テンプレートをお分けします。

「ソリの物入れ」「トナカイの物入れ」のテンプレートを無料でお分け致します。
(残念ながらWindows用Excelで作られており、MAC用Excelでは使え
ません。)


ご希望の方は、「ソリの物入れ」と「トナカイの物入れ」のテンプレート希望と、メールフォームにご記入の上お送りください。

Copyright (C) 2001-2017, Vic Ohashi All rights reserved.