HOME
サイトマップ
アマ的手法
材料
工具
作品一覧
リンク
mini-Shop

テーブルソーとパネルソー
 
2006/07/07(以前D.I.Y.雑談に含まれていたものを再編集しました。)

日曜大工教室の講師をお引き受けする機会を得たため、これまで使いたくても使う機会のなかったパネルソーやテーブルソー(昇降盤)を講師を引き受けたホームセンターで使用できるようになった。 その感想をここで触れたい。

テーブルソーとはその名の通り、テーブルに回転するノコギリが埋められており、切断する木材をテーブルの上で移動させて切断する物でパネルソーよりも歴史は長く、回転ノコ刃の直径の大きな物は製材所で使われているような大きな厚みをカットできる物まである。
私がお世話になってきた材木店でもこのテーブルソーを使っており、詳細解説にもある通りシハチ合板の縦方向はこのテーブルソーで切断してもらっている。

一方のパネルソーは壁に立てかけた高いパネルに切断する材料をおき、回転ノコ刃が上から下に移動して切断する。 テーブルソーはノコ刃は移動せず材料を人間が押して移動するので、この点が一番異なる。

夫々特質があるが、厚みが40mm以下の板材であればパネルソーのほうが有利なようだ。

1.切断精度を出しやすい。
私自身が実験してみた所では、所定寸法に対し0.2mm位の誤差に追い込む事は容易であった。 テーブルソーの場合ガイドの位置を正確にセットしても材料を移動させる時のブレがあるので、0.2mm以下の誤差に抑える切断は大変緊張する。

2.直線に切断しやすい。
パネルソーの場合材料は固定で回転ノコ刃が移動する。 回転ノコ刃移動レールに変なガタや曲がりさえなければ高精度直線切りは容易だ。 テーブルソーの場合材料を人間が移動するから、左右にブレながら移動しやすく、直線に切断するのにはかなりの技術と経験を要する。 実際木材店で切断された物の中で直線性が私の許容限度を超えていた事が時にはあった。(カンナで修正したが)

3.直角出しが容易である。
パネルソーに材料を置く位置と上から下りるノコ刃とは正確に90度をなすようセットされている。 従って角が直角となるような切断は実に簡単である。 一方のテーブルソーで直角出しをするには切断方向にスライドするジグを併用するのだが、このジグをスライドさせるレールにガタがあると直角度は微妙に狂ってくるし、多少の操作技術も必要だ。

4.一人で操作できる。
テーブルソーの場合小さな材料ならともかくシハチの合板のように大きな物の場合、一人で切断するのは不可能。 必ず二人一組で切断する必要がある。 パネルソーの場合一人でパネルソーに材料を運びセットできるのであれば、全ての操作が一人で可能である。

5.キックバックの問題。
高速で回転する丸ノコ刃で切断する際にはノコ刃にかかる負荷のバランスが崩れる(これは材料を手送りする場合に起き易い)とキックバックといって切断方向に材料を飛ばす大きな力が発生する。(電動丸ノコでも起きる!)  これは大変危険でありテーブルソーのように大きな回転刃を使い駆動するモーターの力が大きい場合にはキックバックの力もすさまじい。 (4寸角12尺の角材が5mも飛ぶような現場を私は目撃したことがある。)
まともに当った場合には命を落とすということにもなりかねないし、それで指がなくなった職人さんの話を随分聞いているくらいだ。 私が丸ノコの使用を絶対にお奨めしないのはこの理由により、使用頻度が低いほど道具の使い方をマスターできないので、キックバックに対する対処法も身につかない。

パネルソーの場合ノコ刃に掛かる負荷に異常が出た場合には自動的に停止してしまうのと、切断方向に作業員が居ないのが普通なので安全性が高い。



ということで圧倒的にパネルソーのほうが有利でテーブルソーはかなり分が悪くなってくるがこれは決してテーブルソーの方が劣るということではないので誤解なきよう願いたい。
テーブルソーは太い木材の加工になるとその本領を発揮する。 従って材木店の建築材料の加工目的にはぴったり合う。 パネルソーはそれに対し40mm程度を限度とする薄い材料の切断に適しており、これでは建築材料の加工は出来ない。

ホームセンターでやられているカットサービスはこのパネルソーによるものが殆どだ。 あまり熟練していない方でも高い切断精度を得られやすいので大変便利ではあるが、そのパネルソーの設置が安定しているか? 然るべきメインテナンスをやっているか? 操作する人の技量はどうか? などでかなり切断精度にはばらつきが出ることもある。 切断誤差1mmというのが普通だが腕の良い(技量とモチベーションの高い)作業員がいる所では、きちんとした説明をすれば0.2mm以下の切断をしてくれるようだが、そうでないところでは2mm位の誤差が出ても平気?!なんていう粗末な仕事しか出来ないホームセンターをあるので要注意!!

こういったパネルソーによるカットサービスを使うことにより日曜大工の作業効率は大変高くなるが、その場合事前に完全な設計をして効率良い板取りまで詰めておく必要があることは言うまでもない。 それと説明の必要もないと思うがパネルソーでL字型に切断するのは不可能であることは考えないとならないし曲線も切れない。 従って手引きノコによる切断を完全に無くすことは不可能だしジグソーによる曲線切りも同様だ。


Copyright (C) 2001-2017, Vic Ohashi All rights reserved.