パイプの水がこぼれないように注意しながら、水平度測定点にパイプ両端をあてます。
作品の扉の下端の水平が取れているかどうかを測ろうとしています。

パイプの左側。 水面と扉下端の間隔に注目。
右側ですが、こちらの間隔が左側と同じであれば、OK。
Copyright (C) 2001-2017, Vic Ohashi All rights reserved.