この可変ビットは貫通穴用で、途中で切削を止めたい座ぐり穴用には使えませんでしたした。 どこが違うかと言うとビット先端の円錐状のネジ部分で、これがぐいぐいと切りこむ役目をしています。 

そこで目立てやすりで先端の部分を削って切りこみ能力を意識的に落としました。 

写真はそのような加工をしたところですが、更に3角錐状に小さく(高さ2-3mm位)なるまで削ってやると、スライド蝶番取り付け穴を座ぐる目的で使えるようになります。

但しスライド蝶番用専用キリと違って、切削した底面は真ん中が突出した形となるので、その部分を彫刻刀のようなものでフラットになるように加工する必要があります。
Copyright (C) 2001-2017, Vic Ohashi All rights reserved.